ブログ

AFIフォーラムに参加

おはようございます!

昨年オープンしたネクストシフトファンドですが、日々多くのお客様に口座を開設して頂いております。

これから会員登録という方は、こちらよりお願い致します。

 

さて先月バンコクで開催された、アジアの金融機関が集まるイベント、Asia Financial Institution Forum(AFIフォーラム)に参加してきました!

2日間に渡り、合計約40カ国から300名以上が参加しました。

東南アジア、南アジアや中央アジアの国別セッションや、グリーンファイナンス(環境に配慮した金融)、金融包摂、農家向け・女性向け・中小企業融資など各テーマについての議論がされました。

 

海外担当の永野は、カンボジアのパネルディスカッションにスピーカーとして登壇しました。

カンボジアの上限金利についての同国内の変化や、日本のインパクト投資家にとっての影響などの意見を述べました。

他のスピーカーは、現地ベンチャーキャピタルのMekong Strategic Partners、マイクロファイナンスファンドを運用するIncofin、そしてカンボジア信用情報機構(CBC)の代表でした。

主に出た点として、

・カンボジアはマイクロファイナンスの成功例として認知されていて、不良債権率や金融包摂への貢献は優秀な数字

・ドル経済による外資投資の積極誘致で、多くのファンドから資金が集まり、活性化している

・上限金利(年18%)の設定はマイナス面が多く、固定費をカバーできないことから1件あたりの融資金額が大きくなり始めている

・借り換えの比率が大きく、減少傾向にあるものの直近3年では融資の半分近くが借り換えとなっている。これは市場拡大が難しいから顧客の取り合いをしているのか、さらに過剰債務に陥る可能性はないのかなど重要な事実

・とはいえ人口の4割はまだローンを受けたことがないので、まだまだ拡大の余地はある

・投資家は利回りのみを追求するのではなく、借り手の変化を理解するべき

などが挙がりました。

 

他の国のお話も聞きたかったところですが、2日間投資先候補のマイクロファイナンス機関とひたすら会い続け、あっという間に終わってしまいました・・。

とはいえ、ネクストシフトファンドの今後の投資先になりうる候補も見つかり、とても充実した2日間となりました!

nextshift

永野 雄太

お越し頂きありがとうございます! カンボジアの金融(銀行・マイクロファイナンス、保険など)業界、スタートアップ、世界の社会的インパクト投資事情を中心に生情報を発信します。 提携、取材、講演、執筆、採用などはお問い合わせからご連絡お願いします!

投資に関するコンテンツやその他お役立ち情報などを配信します。

ニュースを見る