ブログ

アジア開発銀行がカンボジア最大手マイクロファイナンス機関に融資

おはようございます!

 

3月にオープンしたネクストシフトファンドですが、日々多くのお客様に口座を開設して頂いております。

これから会員登録という方は、こちらよりお願い致します。

 

さてカンボジアは雨も減り、乾季に少しずつ近づいてきました。今回は久しぶりに同国の話題です。

アジア開発銀行(以下ADB)が、カンボジア最大のマイクロファイナンス機関であるプラサックに4千万ドルの融資をするという報道がありました。

プラサックは融資残高15.6億ドル(2017年現在、カンボジア中央銀行年次レポートより)の同国のマイクロファイナンス機関では最大規模となっています。商業銀行を合わせても、融資残高では3位にランクインします。

詳しくはこちら

 

また2017年3月には、香港の東亜銀行とスリランカのLOLC(オリックスの子会社)が91%の株式を取得、その買収金額は1.86億ドルと一大ニュースになりました。

 

今回の発表によると、同社の総資産は20億ドルを突破、50万人以上の借り手がいるとのことです。

またADBの融資により、カンボジアの中小企業への金融サービスをより拡充させたいとプラサック担当者は述べています。

 

 

nextshift

永野 雄太

お越し頂きありがとうございます! カンボジアの金融(銀行・マイクロファイナンス、保険など)業界、スタートアップ、世界の社会的インパクト投資事情を中心に生情報を発信します。 提携、取材、講演、執筆、採用などはお問い合わせからご連絡お願いします!

投資に関するコンテンツやその他お役立ち情報などを配信します。

ニュースを見る