ブログ

中華系金融機関SCSBがカンボジア大手マイクロファイナンスAMKの株式80%を取得

おはようございます!

 

3月にオープンしたネクストシフトファンドですが、日々多くのお客様に口座を開設して頂いております。

これから会員登録という方は、こちらよりお願い致します。

 

確認できる範囲ですが、今年6件目のカンボジア銀行・マイクロファイナンス業界のM&Aのニュースです。

1−5件目はこちらからご覧になれます。

日系企業がカンボジアマイクロファイナンス機関を買収

韓国最大のクレジットカード会社がトマト特別銀行を買収

Jトラスト、カンボジア大手商業銀行ANZ Royal Bankを買収

韓国Woori Bank、カンボジアの米系マイクロファイナンスVision Fundを買収

https://www.nextshift.jp/2018/09/10/726

 

中国の上海商業貯蓄銀行(SCSB)は、カンボジアのマイクロファイナンス最大手の一つである、AMKの80%の株式を取得しました。

買収金額は公表されていません。

AMKは2017年度の融資残高2億ドルでカンボジアマイクロファイナンス業界5位、純利益530万ドルはとなっています。

(2018年カンボジア中央銀行年次レポートより)

カンボジアの金融業界ではわかる範囲で今年6件目、またマイクロファイナンス機関に限ると、直近3年で最大手7機関のうち4つ(プラサック、HKL、AMK、ビジョンファンド)でM&Aがありました。

 

約30年前にNGOとして始まったマイクロファイナンスに最初は欧米のファンドが出資をし、近年ではそれをアジアの企業が買収する流れが目立ちます。

カンボジアのマイクロファイナンスの歴史はこちらからご覧ください。

nextshift

永野 雄太

お越し頂きありがとうございます! カンボジアの金融(銀行・マイクロファイナンス、保険など)業界、スタートアップ、世界の社会的インパクト投資事情を中心に生情報を発信します。 提携、取材、講演、執筆、採用などはお問い合わせからご連絡お願いします!

投資に関するコンテンツやその他お役立ち情報などを配信します。

ニュースを見る